So-net無料ブログ作成

オフェンスプレイをいちから作ってみよう。 [PMFB]

midasi.JPG
ここブログは、最初の投稿から読んでいただくと PMFB(まプレイメーカー・フットボール)の全容や遊び方がわかって頂けるように書いております。 初めてお越しの方はこちらのページからご覧になっていただければ幸いでございます。
また、筆者が読みなおして分かりにくかった点を
書き直したり、例を書き加えていたりしますので、ここまで読み終えた方も
分かりにくかったところはたまに読みなおしてください。
ソフトのダウンロード、レジストは
PLAYMAKER.COM http://www.playmaker.com/
マッキントッシュ版もありデータファイルのコンバートもできるようなので
マックの方もぜひどうぞ。
現在円高で、25ドルは2300円弱ほどで決済されていますので、お安いうちにレジストください(^^)

あとここに私の掲示板があります。
他流試合の申し込み、リーグ戦の参加表明など、
またPMFBに関係ないこと、好きなことを書いてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日はオフェンスプレイの作成方法についてです、


まずオフェンスのもととなるフォーメーションを決めます。
出来上がりのイメージからさかのぼって最初のフォーメーションを考えていきます。
作り方11.JPGNormalplay
どういうフォーメーションがいいのか分かりにくい場合は、
新しいチームでしたら、オフェンス、ディフェンスともにNorma lPlay のOthersのカテゴリの中に
一般的な体型がいくつかおさめられているので、その中から選んでみるのがいいと思います。

作り方1.JPG
このとき対象になるディフェンスを何か一つ決めておくとイメージがわいてやりやすいです。
前もって一般的なディフェンスなどを3種類くらい用意しておくといいと思います。
(4-3.3ニッケル。GL6-4などで、マンツーマンとゾーンそれおぞれあると便利です)
図はごくAce Formationにたいしてノーマルな3-4体型

作り方4.JPG
イメージしたオフェンスのコマンドをざっと描いていきます。最初はざっとでいいです。
ただしハンドオフのタイミングは最初から考えておいたほうがいいでしょう。
(ディフェンスのほうにも適当なコマンドを与えておいてください)

作り方5.JPG
練習フィールドで動きを確認してみます。
ハンドオフのタイミングやブロックが無駄になっていないかなど
何度も動かして、ステップで細かく再生しながら確認します。

作り方6.JPG
再びヨークボードに戻って、修正点を細かく直していきます。選手の位置も微妙に変えていきます。
また練習フィールドと交互に確認しながら微修正していきます。

作り方7.JPG
深い部分にもブロックが入って、10ヤード程度ゲインできるようになりました。
そすしたら、違うディフェンスに対してどうかも検証していきましょう。
作り方8.JPG
すべてのディフェンスにうまくいくことはないですが、平均的にうまくいくか、
またはディフェンスによって大きくゲインできるかを選ぶのはプレーヤーの自由ですが、
共通してゲインするために必要な細かい点は修正しておきましょう。
作り方10.JPG作り方9.JPG
名前とAIを設定して保存しておきましょう。PMFBは時々バグがあるので、
プレイブックにも保存しておくのが賢明です。

以上でオフェンスプレイ作成手順のうちの一つについて解説しました。
ディフェンスはその裏返しで考えればいいのですが、
一応、次の項で考えてみましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。