So-net無料ブログ作成

Playbookを作成してプレイをPlaybookに保存していきます。 [PMFB]

ここブログは、最初の投稿から読んでいただくと PMFBの全容や遊び方がわかって頂けるように書いております。 初めてお越しの方はこちらのページからご覧になっていただければ幸いでございます。
また、筆者が読みなおして分かりにくかった点を
書き直したり、例を書き加えていたりしますので、ここまで読み終えた方も
分かりにくかったところはたまに読みなおしてください。

さて、playをデザインし、AIを設定したら各プレイを保存してください。
保存するにはそれぞれのカテゴリがありますから、
各カテゴリにチェックして、名前を付けて保存してください。
保存1.JPG

ちなみにパスプレイでもランのところに、また逆でも保存できますし、
AI設定がきちんとできていればFGなどもNarmal Playに保存できたりしますので
自分で分かりやすいカテゴリで保存してください。

さて、そうやっていくつかのプレイを作ったらまず
そのプレイを自分のチームのプレイブックを作ってそこに保存するようにしてください。
保存2.JPG
Playbookは何かプレイを作った段階で最初に作成しておいた方がいいでしょう。
そして常に自分のチームドラフトとPlaybookを開いておいた状態でプレイを作成すると
いいと思います。


さあ、これでチームのプレイブックも作成されました。
たくさんのプレイを、なるべくAIのぬけの無いように設定保存したら
これでチームのPlaybookの完成となります。

とは言ってみたものの、簡単にプレイがいくつもできたり
AIを抜け目なく設定できるわけがありません。

最初は、付属のチームのプレイをまるっきりコピーして それをちょっとずつ修正していくのがいいと思います。
まず、付属のチームで、プロテクトが付いていないチームを選びます。
(※PMFBではプレイブック、チームファイル両方にそれぞれプロテクトをかけて他人から見られないようにすることができるようになっています。付属のいくつかのチームはプロテクトがかかっていて、中身が見ることができなくなっています。)
プロテクト1.JPG
StealerSを開こうとしても
プロテクト2.JPG
パスワード入力画面になって開くことができない。

気に入ったチームがあったらそのチームのプレイを
あらかじめ作っておいた自分のチームのプレイブックに全部インポートします。
そしてそれぞれのプレイを自分のチームの選手の能力(特にスピードが違う選手がいる場合は
微調整が必要)に合わせて調整したり、改造したり、選手起用を変更したりしていきます。
そして全部のプレイの複製ができたら、元のプレイを消去します。
この方法なら、とりあえず新たにAIを設定しなくても、付属チームと同等のAI設定は
そのまま残ります。あとはさらに自分で作ったオリジナルプレイを加えて
その元になっているプレイは消していけば、オリジナル度が高いチームになっていきます。


と簡単に言っても、1つのプレイブックを作りあげるのには
何時間、いや何日もかかることは当たり前かもしれません。

※ですから途中で何か起きても困らないように
プレイ完成ごとにチームを保存する習慣があった方がいいですね。

しかし時間をかければかけるほどチームは自分の子供のように成長して言って
やがて、一つの個性的なチームが出来上がっていきます。


作成編の最後にTeam Draft、チョークボード、ゲームでここまで書かなかった点で
注意すべきことをいくつかあげます。

選手のスピードが0の選手がハドルいる場合、ロングゲインした後だと
セットに間に合わなくてフォルススタートになる場合があります。
低い能力の選手を出す場合は気を付けましょう。

ゲームはホームの方がビジターより有利になっています。
自分のチームをたまにはアウェイで戦わせてプレイの精度を確かめましょう。

これは昔の98とかでやっていた人に忠告ですがチョークボードは
以前のものと比べて相当シビアに調整しないとうまくハンドオフしたり
タイムドパスが決まってくれません。


それでは、これからはリーグ戦の概要、戦い方などについての提案も織り交ぜて、
また遊び方編で書き残したことがあれば随時書き足していきたいと思います。

とりあえずはここまで御精読ありがとうございます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。